読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくないニートがスマホを使ったアフィリエイトで月収50万稼いだ話

貧乏な家庭に生まれて、貧乏が貧乏を生む格差社会に嫌気がさし、 無気力人間になり2016卒の国立大学卒ニートへ。 ホームレス同然のところまで落ちたニートがスマホを使って、 ネットで小遣い稼ぎしようとしたら想像以上に儲かる。 スマホで生計が立てられるようになった僕が、 スマホで副収入を稼ぐノウハウを余すことなくお伝えし、 ビジネスの理論まで手広く紹介

貧乏家庭に育つと子供はどうなるのか#2 中学校〜勝ち組

お待たせしました、昨日続きです。

 

昨日は、親のために気を使ってワガママを我慢して、

親のために稼ぎたいという気持ちが芽生えたのが小学生からという話でした。

 

今回は中学編。

 

中学生になると、家庭の変化がありました。

それは、親の自営業のための闇金です。

売り上げを仲間に横領されたため、

闇金が返せず、そのため家に借金取りが押しかけるようになりました。

 

このとき、僕は学校1厳しい部活に入っていたので、学校も家も両方が地獄でした。

 

これにより、少しだけ荒れていきました。

勉強全くせず、もうどうでもいい感が出ていました。

 

結局、中2になるころに過払い金専門の弁護士によって借金取りはこなくなりましたが、あらゆるシーンで思い出すことになります。

 

中2からはちゃんと学校の授業を真面目に受けるようになり、中3から塾に入ったのでなんとかトップ校射程圏内まで偏差値が上がりました。

 

借金取りの経験からの被害者ヅラと、高校受験の経験からの周りを見下す癖が着きました。これが中学時代。

 

僕は区内でトップの高校にかなり余裕で入ったので、エリート意識が芽生えていました。

 

これで金持ちになれるはずと思っていました。

 

ここから高校編。

しかし、高校にあがると、

完全に調子に乗って、全く授業も聞かず、勉強もしませんでした。

これでクラス最下位まで落ちましたw

学年最下位も取ったこともあります笑

 

ここでももうエリートは諦めていました。完全にFランに行って親に迷惑かけながら生きていくんだろうなと思ってました。

高校3年になるときにさすがにまずいと思い、効率だけを追求しながら勉強し始めました。

 

これにより、学年順位は150位くらい上がり、偏差値も20ほどアップ。

科目によっては学年20位以内に入るものが3科目くらいありました。

 

これによってなんとか国立大学に入ることができました。

周りにはかなり驚かれましたw

 

そして大学編。

 

大学に入るとかなり時間があります。

なので色々調べる時間があるんですね。

稼ぐ系のことを調べて、いろいろな世界を知ることになります。

そして逆に、普通にこのまま卒業して、就職してからの情報も手に入るわけです。

すると、一生奴隷で休みは少なく、給料も大して貰えないという現実を知ることに。

そりゃあ働き詰めで、仕事最優先で、30代後半くらいになればそこそこ貰えるようになりますが、それって40くらいまではひたすら我慢ということですよ?

信じられますか?

 

金持ちになるために大学に入ったのに、そこからさらに20年くらい自由なしで頑張って働かないといけないんです。

 

僕は絶対に成り上がってやる!

勝ち組になってやる!

資本家になってやる!

これが大学1年のときの宣誓です。

 

そこからマインドが180度変わり、

労働なんて100%負ける投資はしねえ。

会社の奴隷なんてならねえ。

金で人を動かして、金で金を稼ぐ人間になってやる。

一生労働者なんてならねえ。

 

そのように決心しました。

 

そこから、僕は休学を交えながら、

稼ぐ方法を調べまくり、

考えまくりました。

 

しかし、結局、卒業するまでは稼ぐ方法分からず。

 

ここからニート編。

そのままニートになり、

とりあえず東京だ!ってことで

知り合いの家に転がり込みながら、

いろんな人に会います。

 

いろいろお金も損します。

いろいろ騙されたりもしました。

不安に押しつぶされそうになりました。

普通に就職した方が良かったんじゃ?

 

それでもあきらめなかった。

というか、新卒を捨てた時点で、

もう突き進む以外無かった。

これが功を奏し、

やっと運が運を呼び、

奇跡的に本物の人間に出会う。

 

現実の目の前に、

しかもかなり近い存在に、

予想だにしない人の繋がりで、

本物の金持ちに出会う。

投資だけで月収500万。

他にも様々なジャンルを手掛けて、

とんでもない人脈と金脈を持っている。

 

これは奇跡的な出会いだ。

もうこれしかない。

土下座する気持ちで教えてもらう。

 

これで僕は人生の勝った。

これが僕の人生に負けていたときまでのすべてです。