読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくないニートがスマホを使ったアフィリエイトで月収50万稼いだ話

貧乏な家庭に生まれて、貧乏が貧乏を生む格差社会に嫌気がさし、 無気力人間になり2016卒の国立大学卒ニートへ。 ホームレス同然のところまで落ちたニートがスマホを使って、 ネットで小遣い稼ぎしようとしたら想像以上に儲かる。 スマホで生計が立てられるようになった僕が、 スマホで副収入を稼ぐノウハウを余すことなくお伝えし、 ビジネスの理論まで手広く紹介

シェアハウスにみる自己重要感の重要性

こんにちは、ケーシィです


テラスハウスで一気に話題になったシェアハウス

 

最近は都心のみならず地方でもシェアハウスを見かけることが増えました

あれはまず敬遠しますよねw

知らない人と住むわけだし、
生活リズムが狂いそうだし、
家賃もそんなに安くはない

メリットデメリットを考えた時に、デメリットが先に浮かぶような箱です

ですが、意外にも人は来るし、
やり方次第では儲かるんですよね

そんな不思議な事業形態シェアハウスの価値はなんなのか

 

それはタイトルの通り、自己重要感です。

自己重要感というワードはビジネスにおいて超重要なので覚えてください。

 

まあ、読んで字のごとく、

自分が重要であると認識することだと思っておけばオッケーです。アイデンティティに近いですね。

 

現代を生きる日本人は、これを常に求めています。

大抵の人が有象無象の中、
大衆に揉まれて、
パッとしない人生を送る。

 

勝者や勝ち組は限られているので、ほとんどの人に当てはまります。

 

自分とはなんなのか、
生きてる意味あるのか、
いっそのこと死んだほうがマシなのでは?

 

 

そんな負の感情を払拭させるのが自己重要感なのです。

 

 

例えば、めちゃくちゃブサイクな人がいたとして、
周囲から虐められて阻害されたとしても、
芸人になってそのブサイクをいじられて、
人気になったとしたら、
生きててよかったとなるわけです。
それは自己重要感が満たされるから。
自分は必要とされる存在なんだと。

 

 

 

シェアハウスの家の中で、
誕生日をみんなから祝われたり、
自分の全てを受け入れたりしてくれると、
自分の居場所が見つかります。
居場所があるだけで、自己重要感が生まれます。

 

だからシェアハウスに人が集まるわけです。

ビジネスの上で、自己重要感は必ず覚えておいてください。