読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくないニートがスマホを使ったアフィリエイトで月収50万稼いだ話

貧乏な家庭に生まれて、貧乏が貧乏を生む格差社会に嫌気がさし、 無気力人間になり2016卒の国立大学卒ニートへ。 ホームレス同然のところまで落ちたニートがスマホを使って、 ネットで小遣い稼ぎしようとしたら想像以上に儲かる。 スマホで生計が立てられるようになった僕が、 スマホで副収入を稼ぐノウハウを余すことなくお伝えし、 ビジネスの理論まで手広く紹介

ネットで副収入を稼ぐ本質

こんにちはー、ケーシィです。

今日は、ネットで小遣い稼ぎするための原則を話したいと思います。

僕が学生時代、
レジ打ちバイトしながら、

「マジで仕事ってつまんねーなあ
しかもこき使われてムカつく客の対応でうんざり。

ネットでバイト代くらいの副収入ほしいなあーーー!

もうバイトしたくねー!」

そんなことばかり考えてました。

でも、そんな思考になるのは僕だけじゃないはずです。

誰だって、働かなくても稼げるなら、みんな働かない。

だからそういう人は起業したり、独立したり、株やFXに手を出すんですよね。

で、僕の場合、その前にほぼノーリスクでできるビジネス、ネットビジネスに興味を持ちました。

あまりの手軽さに、
ネットで副収入とか、
ネットで副業とか、
ネットでお小遣いとか、

そんな気持ちが先行しちゃいました。

「ちょろっとやって楽に稼ぎてー!」

で、あまり稼げない現実を見て僕は、

「まあ、そんなに頑張ってないから別に売れなくてもいいし笑」

今考えると完全に舐めきった典型的な大学生でしたw

それからなんだかんだで諦めきれず、
今度こそ本気でやってみようと思い、
調べまくって、
勉強して、
教材も買いました。

30万の教材を買い、
かなり勇気のいる行動でした。

本当にもったいない買い物です。

でも、稼ぐためへのショートカットになり、
稼ぐ世界を知ることができた。
さらに、お金を使ったことによって、本気度も変わった。

そして重要なことに気付かされた。

それは、ネットビジネスは、ネットで社長になること。

ネットで起業すること。

実際に起業する必要はないですがw

それくらいの意識が必要だったということです。

それからの僕は起業家になったつもりでネット上で活動し、
意識も行動も変わり、
半端なく稼げるようになりました。

起業家サイコーって感じですw

やっぱり、自分で稼ぐ以上、
お小遣いをもらう感覚でもダメ、
バイトの感覚でもダメ、
サラリーマンの感覚でもダメです。

つまり、労働の対価として賃金を得ようとする感覚がネットで稼ぐ上では最大の障壁になります。

起業家とか、社長とかだとイメージしにくいですが、

例えばラーメン屋の店長になるとします。

もちろん自分の資本で。

そんなときどうします?

ラーメンの作り方は置いておいて、(マニュアル作って誰かにやらせればいいのですから、ビジネスという観点においてはどっちでもいいです。)

まずはお客が来ないと話になりませんよね。

そのためには多くの人にそのラーメン屋の存在を知ってもらう必要があります。

だからチラシを配ったり、
広告が必要です。

そして、それにはお金がかかります。

というか最低限必要な投資です。

リアルビジネスならまず目が行くところです。

しかし、ネットビジネスになった途端に、
広告しようとしなかったり、
必要最低限のお金をケチろうとします。
実際に最初の僕もそんな意識でした。

もちろん、出費を減らすことは超重要です。

でも、投資は出費ではありません。

投資は収益を上げるための資産運用です。

起業家は時間を労働に投資することが一番ダメなパターンです。

起業家はお金を時間に投資することがベストです。

とにかく時間を無駄にしないこと。

むしろお金は無駄にしてもいいくらいです。

お金はちょっとしたコツさえつかめばいくらでも稼げます。

でも、時間は増えません。

とにかくお金をかけてショートカットして、
お金をかけて稼ぐための情報を得て、
お金をかけて労働を人やロボットやシステムに任せる。

時間を作るためのお金はいくらでも使うべきです。

それが起業家としての動きです。


ネットで軽く稼ぐことは想像以上に難しいことです。

しかし、ネットで起業家のつもりで動くと案外簡単に稼げるようになります。

ここでタイトルの回収として、
ネットで副業の本質とは、
ネットで稼ぐ本質とは、
リアルビジネスと全く同じということです。

その意識の上で動くと、
つまり、ビジネスの原理原則に則って動くとモノは売れます。稼げます。