読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくないニートがスマホを使ったアフィリエイトで月収50万稼いだ話

貧乏な家庭に生まれて、貧乏が貧乏を生む格差社会に嫌気がさし、 無気力人間になり2016卒の国立大学卒ニートへ。 ホームレス同然のところまで落ちたニートがスマホを使って、 ネットで小遣い稼ぎしようとしたら想像以上に儲かる。 スマホで生計が立てられるようになった僕が、 スマホで副収入を稼ぐノウハウを余すことなくお伝えし、 ビジネスの理論まで手広く紹介

マインド次第でめちゃくちゃ儲かる

内容はマインドについてです。


直訳すると、心とか精神とか考え方

このままですw

で、金持ちマインドと貧乏マインドがあります。

お金が増える方向に心や頭が動くのが金持ちマインド。
逆にお金が減る方向が貧乏マインド。

純粋にお金に焦点を合わせたとき、2択のどっちがいいかって金持ちマインドがいいですよね。

貧乏マインドになりたい人なんてそうそういないと思います。

実はこの単純な2つの選択肢が、金持ちになるか、貧乏になるかの大きな分かれ道になります。

なのでお金を手にするすべてのきっかけがこれに尽きます。これが全てです。

あとはどれも小さいことを覚えればどうにでもなるレベル。

念のための確認ですが、
僕の言うお金持ちとは、
働かずに豪遊できる安定収入がある人間のことをいいます。

医者やパイロットみたいに働いて年収1000万なんて、所詮は労働の対価なのでお金持ちとは呼びません。

医者だろうが弁護士だろうが、貧乏マインドの人間なら一生貧乏です。一生働かないといけません。

逆に、小学生だろうが、フリーターだろうが、金持ちマインドを手に入れたら、エリートよりよっぽど金持ちになります。

では金持ちマインドとはどんなマインドでしょうか。

それは、投資家になることです。

終わり。

ってなるレベルでまとめてみましたw

でも誤解が生まれるのでもっと詳しく。

そもそも資本主義社会とは、資本(つまり金)を持ってる人間が一番偉いですよ、金さえあればなんでもできちゃいますよー、この世を動かせますよー、という社会です。

残酷なようで結局これが悲しい現実です。

なんでもできるのなんでもが本当の意味でなんでもできちゃいます。

特に、なんでも動かせるところが金持ちの特権です。

人さえも動かせます。

金でなんでもかんでも動かすと、それで生産性を上げることもできます。

つまり価値が生まれます。

それを売ります。

すると、、、
また金に自分に入ってきます。

てことは、自分は働かなくても、労働力を買うだけで、それ以上のお金が舞い込んでくる。

なぜなら莫大な価値を生み出し続けるから。
労働者が笑
そしてその恩恵は自分にだけ入ってくるからw

これが会社の本質です。
社長、資本家が労働力を買い、価値を生み、その労働賃金以上の莫大なお金を手にする。

だから社長は遊んでても毎月1億のお金が入ってくる。なんてこともあります。

これが金持ちマインドを持った人間のちょっと冷酷だが賢いやり方。

勝ち組はみんなこれです。

金持ちは、いかに自分が働かなくても、価値が生まれるように工夫して投資をします。

それにより大きなリターンと時間も得ます。

金と時間が手に入ればもう勝ち組です。お金持ちです。

 

で、誰にでもそのチャンスはあります。
インターネットと共に。

今の時代、ネットがあれば超安く労働力を買えるし、人工知能(つまりネットの中のロボット)を無料で使えます。
それらに投資すれば、誰でも働かずに価値を生み出せます。
さらにネットビジネスなら前にも言った通り、レバレッジがかかるので低投資でも、ハイリターンが見込めます。

それはつまり誰でも投資家に、金持ちになれる時代です。

金持ちマインドとは言ったものの、結局はどんなマインドかという知識が手に入ればそのマインドを手に入れたも同然です。
あとは体に染み込むまでは、意識的に覚えればいいです。

そんなマインドを知るために、時間を投資しました。
ネットで調べて、読んで、考えて、覚える。そんな時間を投資しました。

投資した結果、金持ちマインドを手に入れました。

金持ちマインドを手にしたら、知識や労働力に投資をしまくりました。

結果、膨大な価値を生み出し、本当に金持ちになりました。

これは僕の実体験談ですが、
僕のコンサル生や僕に投資してくれた人に教えても、
同じプロセスで金持ちになりました。

知識と労働力に投資することが金持ちになるための全てです。
こんな発想になるのが金持ちマインド

だから金持ちマインドが超重要という話でした。