読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくないニートがスマホを使ったアフィリエイトで月収50万稼いだ話

貧乏な家庭に生まれて、貧乏が貧乏を生む格差社会に嫌気がさし、 無気力人間になり2016卒の国立大学卒ニートへ。 ホームレス同然のところまで落ちたニートがスマホを使って、 ネットで小遣い稼ぎしようとしたら想像以上に儲かる。 スマホで生計が立てられるようになった僕が、 スマホで副収入を稼ぐノウハウを余すことなくお伝えし、 ビジネスの理論まで手広く紹介

スマホ1台でできる、Twitterとブログで100万稼ぐ方法 【アフィリエイトの本質】

こんにちは、8月もそろそろ中旬に近づき暑さに慣れた頃でしょうか。

ケーシィです。

 

今日は、稼ぐための超具体的かつ、本質的な話です。

 

このブログでは割と本質的な話が多いですが、

 

物事の本質というのは、言葉を変えると、抽象的な思考ということです。

 

この抽象化はいろんなことに応用が利くので、

 

かなり重要なことです。

 

 

しかし、じゃあ実際にビジネスを始めるにあたって何すればいいの?

 

というはじめの一歩が動き出せない情報になりがちです。

 

 

 

ですので、今日は今までの記事を理解してもらった上で、

 

具体的な稼ぐための道しるべを作っていきます。

 

 

 

 

メモなどの準備は良いですか?

 

ではいきます。

 

 

 

まずはいつもの本質から、

 

ビジネスの本質は価値の提供です。

 

とは言っても、

 

どんな価値を提供すればいいのか最初は分かりません。

 

しかも、ネットビジネスだと尚更分からない。

 

そこで、ネットの市場で儲かりやすいジャンルの価値提供に絞ります。

 

 

稼ぎやすいジャンルとは、

1、稼ぐ系

2、モテる系

3、悩みを解決する系

 

この3つがネットビジネスでかなり稼ぎやすいジャンルなので、

ここから選んでみましょう。

 

この3つからじゃ自分の詳しいことなんてないよって方は、

TwitterやLINEで質問してくれれば教えます。

 

で、これをあるコンサル生に実践してもらいました。

 

そのコンサル生は、元牛丼屋のアルバイトで、

Twitterやブログなんてタイムラインを見る程度で、自分からは全く発信してませんでした。

 

僕は先の3つのジャンルを提案したところ、

彼はモテる系を選びました。

 

彼は、モテるために日々雑誌や本をひたすら読み、

ネットでもかなり調べていたので、

顔はそこまででも、モテるようになったそうです。

 

なので、普通の人よりモテるテクニックや豆知識に詳しかったのです。

 

ということで、モテる系の情報を発信するTwitterを始めてもらいました。

 

その際に注意してもらったのが、Twitterの3つのポイントです。

1、タイトル

2、更新頻度

3、メリット

 

この3つは非常に重要なのでそれぞれ説明します。

 

1のタイトルは言うまでもないですよね。

とにかく興味を引くタイトルでないと、ネット住民を逃します。

 

2の更新頻度は高ければ高いほど良いです。

彼には必ず毎日更新してもらいました。

スマホがあるのでそこまで苦じゃなかったそうです。

 

3のメリットとは、読む人にメリットのあることが書いてあるかどうかということです。

読んだ人が、へぇ!そうなんだ!となるような情報があればあるほど、読み手にメリットがあるということで、広まっていきます。

彼には、あまり知られていないようなモテる情報を毎日更新してもらいました。

 

この3つを守ってもらって毎日更新してもらったところ、

Twitterのフォロワーが2ヶ月でなんと1万人を突破しました。

 

正直教えた僕もびっくりな反響でした。

彼が今までリサーチしたモテ情報がそれほど大きな価値だったということです。

 

そしてこのようにTwitterでそこそこ大きい影響力を持ち始めた後に、

ブログを開設させました。

 

Twitterからブログに誘導するように指示しました。

Twitterでは文字制限があることを利用して、

続きはこちら(ブログのURL)

といったようにリンクしながらツイートしてもらうようにしました。

 

すると、ブログの方にもアクセスが安定し始めました。

 

Twitterもブログもアクセスが順調に伸び始めたところで、

読者に、ワードで作ったファイルをブログでは言えないモテる方法といったようなタイトルで売りました。

 

値段は5000円。

 

1万人のフォロワーのうち、1%の購入があったので、100人に買ってもらえました。

 

5000×100=500000円

 

これで50万円です。

 

たった1%の人数が買ってくれれば50万です。

 

次に第2弾のモテる方法を売りました。

 

先の1%の人はほぼほぼ買い、更に新規の人の購入があったので、

70万の利益がありました。

 

ということで、このコンサル生はたった半年で120万をTwitterとブログだけで稼ぎました。

 

 

彼の場合は、詳しい分野があったのですぐに伸びましたが、

アフィリエイトの本質は変わりません。

 

とにかく情報発信をしてファンを集め、

メリットのある情報を売る。

 

一見怪しげに見えますが、

読み手にメリットがあるからこそ人が集まるわけですから、

ちゃんとした良い情報をアウトプットしていたわけです。

苦しんだ人ほど稼げる

こんにちは、ケーシィです。

 

今日は気になったメールがあったのでそれについてのブログです。

 

「ケーシィさん、

私は今家賃を払うのが精一杯で、

食費も削りに削って、

一生懸命働いています。

それでもカードの支払いや奨学金の返済、友人への借金の返済でとにかく地獄絵図です。

もう限界です。助けてください。

どうすればいいですか。」

 

辛いですよね、。

超わかりますよ。

僕も1年前までほぼ同じ状況でしたし。

ただニートでしたがw

 

苦しめど苦しめど、

ずっと苦しみ続けなければならない。

 

自分はこんなに辛いのに、

なんで周りはいい思いしてるんだ。

ってなりますよね。

 

 

自分は最大に苦しんでも解決には至らないため、

親が悪い。

環境が悪い。

社会が悪い。

 

普通こうなりますよ。

 

というか僕の実際に思っていたことですw

 

さらには、

あの時こうしておけば、

あの時勉強しておけば、

あの時頑張っていれば。

 

周りと過去に解決を求めてしまう。

 

でもそれでいいんです。

だって、あなたは100%苦しんでるじゃないですか。

それ以上にできることなんてなかなかないですよ。

 

よく頑張りました。

お金が全くないのに、うまくやりくりして、我慢して、よくやったじゃないですか!

まずは自分を褒めてあげてください。

 

 

そして、こっから本題。

 

まずは今までの頑張った自分に感謝して、

その上で、僕は胸を張って言います。

「苦しんだ人ほど稼ぐ能力を持っている!」

 

理由はいたってシンプル。

 

何かに苦しんだということは、

そのことがなぜ苦しいのかという理由がわかる。

苦しい理由がわかると、解決策も見つけやすい。

解決策を自分で分かると、今度は人を助けることができる。

人を助けると、その分の報酬が貰える。

 

これが論理的な説明です。

 

ビジネスの大原則、

価値の提供。

 

で、その価値の種類がいくつかありますが、

その中でも超強力な価値って、

「苦しみから逃れられる」

という価値なんです。

 

つまり、

苦しみから逃れる方法を提供すれば儲かるので、

苦しみをたくさん知っていて、

その耐え忍び方も知っていて、

さらにその苦しみを解決する方法を知っていれば、

そのノウハウを誰しも欲しがります。

 

色んな人に教えてあげてください。

必ずリターンがありますから。

アフィリエイトは何故稼げないのか?

猛暑の連続ですね・・・w

 

こんにちは、この夏は焼肉+炭酸(お酒でもジュースでもいい!笑)が最高に感じるケーシィです。

 

さて、

今日はSNSやメルマガなどで、

よく寄せられる質問をブログで答えたいと思います。

 

アフィリエイトって本当に稼げるんですか?」

 

というものです。

僕も稼げてないときに思っていましたし、当然の疑問だと思います。

 

しかし、

今の僕には自明の解すぎてなんでこんな当たり前のことに気づかなかったんだろうというのが昔の自分に対して思います。

ずばり、

「稼ぎにつながる理論、理屈を理解していれば稼げます」

 

というように答えています。

 

結論として、アフィリエイトは理論だけで稼げます。

 

何故なら、アフィリエイトというのは、

本質的には営業マンと全く同じです。

 

ネット営業マンだと思ってもらえればOKです。

 

ネット上にいる人たちにどんどん足を運んで、お客さんにこの商品いい!と思わせればいいんです。そして、売り上げの10%とかが自分の財布に入るわけです。(実際には報酬のパーセンテージはピンキリですが)

 

で、ここでタイトル回収ですが、

アフィリエイトで稼げてない人は、

何故稼げないのか?

 

その答えは、

本質である「自分は営業マンである」

という自覚が足りてないからです。

 

もし、営業マンだと自負していれば、

自然と売り込み方を学ぶようになるし、

技術的にできないことがあればお金を払ってでも身につけたり、外注したりするはずです。

 

リアルの営業マンでさえ、

営業のノウハウの本を読んだり、

分からないことを学んでやっと一人前になります。

 

それが、広告を貼ることを覚えたばかりの初心者アフィリエイターが稼げるわけないですよね。

 

アフィリエイトと営業との違いは、

対人かどうかという点です。

アフィリエイトも厳密には人と向き合うので対人なのですが、リアルで会う必要ないのはかなりでかいです。

お客さんに文句言われたり、怒鳴られたりすることがないですから。

だからこそ、アフィリエイターは危機感が生まれずに成長しない人が多いのですが。

逆にちゃんと成長したアフィリエイターはライバルを蹴散らすことができます。

 

もう一つの相違点はPCやアフィリエイトに関する知識の有無です。

 

いくら凄腕の営業マンといえど、

広告リンクの生成のやり方を知らないと何も始まらないですよね。

まあ、必要な知識量は少ないので営業マンが覚えたらすぐに稼げるわけですけど。

 

ということで、

決定的な違いは自分から足を運んで人に会うかどうかなわけです。

 

で、売り方さえわかってしまえば、

自宅から出ずに、人に会わずに

商売ができてしまうので、

アフィリエイトは理論だけで稼げると断言できます。

 

もしこれが、

リアル営業なら、

とにかく動き回りますので体力が必要で、

お客さんに怒られながら、文句言われながら、何度も何度も断られながらなので超メンタルも強くないといけません。

 

アフィリエイトなら、

PCやスマホをいじるだけで仕組みが作れるので、

体力は要りません。

誰とも会わないので対人的なメンタルも必要ありません。

 

稼ぐ理論が分かって、仕組みが出来上がるまでは、とにかく実行するしかないので、そこだけのメンタルは必要です。

 

でも、営業マンに比べたら大したことないですよね笑

 

ということで、

アフィリエイトは稼げないというのはそもそも言葉としておかしい訳です。

 

アフィリエイトはあくまで商売の媒体になるだけで、商売の基本が分かっていればいくらでも稼げるメディアなのです。